■■■■Husky Amore Soiree nite!■■■■
02/09(金) 9pm-4am place:青い部屋
DJ:Husky Amore
LIVE: Soiree

横浜でのモッサンのイベント"ROCKナイト"の後に渋谷へ向かい、到着は2時頃になってしまいました。
R246を渋谷から六本木方面に入り青山トンネルの手前の交差点左に「青い部屋」はありました。

地下1Fにある「青い部屋」の中は濃紺の空間。その奥に70年代で時間が止まったようなガラス張りのサロンがありました。
60年代後半から続いた知識人の社交場といった趣。シャンソン歌手戸川昌子さんの記憶を閉じ込めたような空間です。

数時間前、横浜でロッカースタイルの若者がひしめく空間にいた僕は、しばらく、呆然としていました。

ガラス張りの中は歴史を感じるインテリア

そのガラス張りの部屋の外では、壁に描かれた赤い薔薇のマークを背負って、レコードをまわすハスキーさん。そしてその音で踊りまくる人々。ガラスの内と外の不思議な対比がここに展開されています。

僕が、横浜とのギャップから徐々に解放されてきたころ、横で激しく踊っている女性。
あ!戸川さんだ!すげーエネルギッシュなダンス!
その時八重樫さんが現れ、横に座りながら一言
「戸川さんノリノリだねー」

そうなんですよ。
いいなー!戸川さん。
音に素直に反応しているって感じ。

よーし!僕もおどるぞー!
エネルギッシュに踊り続ける戸川さん
ハスキーさん御無沙汰でしたー

OJASラウンジ以来で聴く、ハスキーさんの音はちょっと懐かしくて新鮮。
続いてアモーレさん の時間。
繊細に、流れるように曲をを繋いでいくアモーレさんのプレイに、僕らは時間を忘れて楽しみました。

午前4時、ハスキーさんのMCで終了。
でも最後じゃなかった。
ソアレ君がピアノの弾き語りを一曲プレゼントしてくれたのです。
遅く到着したためにライブを見れなかった僕たちにはラッキーなプレゼントでした。
それにしても美しい歌声です。帰路につく前、 会場はしばらくソアレ君の声に聴き入っていました。
次回も楽しみです。今度はライブに間に合うように、「青い部屋」
行こうと思います。
黙々と、そして繊細に曲を繋いでいくアモーレさん
夢中で踊っている間にいつの間にか4時


333Lounge/Inside/Music&NightLife/


Since 1995/8/22 Last up date 2001/2/06
Copyright 333.LAB. All rights reserved.